2011年1月16日 (日)

ALAAHFA研究会の皆さんへ

皆さん、明けましておめでとうございます。

 今年もALAAHFA研究会はTODDS(とちぎ発達障害研究会)とタイアップして行います。

 前回お知らせした1月29日の内容とは若干変更がありましたのでお知らせいたします。

 
            【ズバッと解決LIVE in 栃木】

 支援の達人から学ぶ 発達が気になる子の実践ワークショップ 5

○書籍『クラスで気になる子の支援 ズバッと解決ファイル』(金子書房)とのコラボから生まれた「公開事例検討会」。
○学校・家庭で見られる「発達が気になる子のケースに、4人の「支援の達人」が支援のコツとアイデアをレクチャーします。

◆主催:ゆずりは(LD等発達障がい児者親の会)
 共催:とちぎ発達障害研究会(TODDS)第3回定例会

◆講師“支援の達人”のみなさま
 梅永雄二先生(TODDS主宰・宇都宮大学教育学部教授)
 阿部利彦先生(所沢市教育委員会 学校教育課 健やか輝き支援室支援委員)
 川上康則先生(東京都立港特別支援学校主任教諭 特別支援教育コーディネーター)
 原口英之先生(臨床心理士)

◆第1部(講演会)
 「発達が気になる子のサポート入門」(阿部利彦先生)

◆第2部(事例検討会)
 「教室を出て行ってしまうヒナさんのケース」

◆日時:2011年1月29日(土) 受付 9:30~
 第1部 10:00~12:00
 第2部 13:30~16:00

◆会場:宇都宮大学(峰キャンパス)教育学部 2101教室
 ※JRバス(清原台団地,清原球場,祖母井,茂木行など)
  JR宇都宮駅西口バス乗り場3番から乗車約15分「宇大前(うだいまえ)」下車
 ※東野バス(真岡,益子,海星学院,清原球場行など)
  JR宇都宮駅西口バス乗り場14番から乗車約15分「宇大前(うだいまえ)」下車
 ※詳細はhttp://www.utsunomiya-u.ac.jp/mapをご覧ください。

◆参加費:1,000円(ALAAHFA研究会の方は無料になります)

◆申込方法:
 「氏名」「電話番号」「所属」を明記の上、件名を「1月29日 ズバッとLIVE申込」として、下記までお送りください。
 yuzuriha8@freeml.com(ゆずりは事務局)
 todds@freeml.com(TODDS事務局)
 

 当日は午前9時半頃に講師の先生をJR宇都宮駅東口一般乗降口にお迎えにあがります。

 もしALAAHFA研究会のメンバーの方で参加される方は、一緒にお迎えしますので、TODDS事務局(todds@freeml.com)までご連絡ください。

| トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

次回のALAAHFA研究会

 先日開催された「日本自閉症スペクトラム学会宇都宮大会」に参加された当事者の方々、お疲れ様でした。

 私の知る限りALAAHFA研究会メンバー以外にも6名の当事者の方々にお会いしました。

 皆さん、アスペルガー症候群と診断された方々でしたが、熱心に話を聞かれていました。

 中でも、内山先生の話は共感できる部分が多かったとおっしゃる方々が大半でした。

 さて、次回のTODDS(とちぎ発達障害研究会)+ALAAHFA研究会は2011年1月29日(土)午後1時から宇都宮市サンアビリティーズで開催します。

 講師の先生は「いいところ応援計画」で著名な所沢市教育委員会の阿部利彦先生です。

 東京方面から来られる方々はJR宇都宮駅まで迎えに行きますので、TODDS事務局(http://blog.canpan.info/todds/)までご連絡下さい。

 また、ALAAHFA研究会のメンバーである高橋さんから以下のようなメッセージが届きました。

-------------------------------

 MLの皆さま

 ご無沙汰しております。当事者の高橋です。
 皆さん、お元気でしょうか?
 私は現在、仕事の傍ら、発達障害と歩む会「Companion」の代   
 表をしております。http://ayumukai-companion.net/
 当会では成人発達障害者のためのSSTを毎月、都内で開催しております。そして、発達障害理解啓蒙の講演会、メルマガ発行も行っております。
 現在、当会では定型発達のスタッフを募集しております。
 現在スタッフは全員当事者です。
 皆、出来不出来の差があり、活動の際、つまづくことが多いです。(ケアレスミス、注意の分散が苦手など)
 一緒に私たちと活動をしてくださったら大変助かるので、ご協力いただけると幸いです。ご検討、よろしくお願いいたします。
 活動に興味がある方は 
kyoko@ayumukai-companion.net
宛てにご連絡、お願いいたします。

| トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

ALAAHFA研究会のメンバー高橋さんから以下のような案内が来ました。

第3回成人発達障害のソーシャル・スキル・トレーニング(SST)学習会

報道機関各位
プレスリリース

                             2010年4月10日

                      発達障害と歩む会 Companion
                           代表 高橋今日子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             第3回成人発達障害の
     ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)学習会

 ~みなさん、相手の自己紹介にうまく質問できるようになりませんか~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発達障害と歩む会『Companion』(代表:高橋今日子)は、成人発達障害の
ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)学習会を、2010年5月9日に東京都
世田谷区で開催する。

 「第3回成人発達障害のソーシャル・スキル・トレーニング(SST)学習会」
の詳細は、次のとおりである。

■イベント内容
1.主 催:発達障害と歩む会 Companion

2.日 時:2010年5月9日(日)13:30~16:15(受付13:15~)

     13:30-13:40 主催者挨拶
     13:40-14:30 ワークショップ1
            「自己紹介への質問のコツ10」
     14:30-14:40 振り返り1
     14:40-14:50 休憩
     14:50-15:20 ワークショップ2
            「自己紹介へ質問したあとの対応」
     15:20-15:30 振り返り2
     15:30-15:45 「NG質問」の紹介
     15:45-16:15 フリートーク・情報交換

3.場 所:世田谷区太子堂区民センター 第4会議室
      http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004098.html

4.対 象:発達障害の成人当事者

5.ファシリテーター:
     柳下記子(やぎしたのりこ)さん
     発達障害児支援アカンパニスト理事長
     東洋英和女学院短期大学保育専攻科卒業
     幼稚園教諭、特別支援学校教諭、自閉症スペクトラムサポーター取
     得。幼児教育に長く関わりつつ、重複障害児、発達障害児支援に携
     わってきた。
     現在は教育委員会の依頼を受け、小学校現場でつまづきのある児童
     への指導も行っている。
     常に発達障害児支援に使える教材研究にも取り組んでおり、手作り
     教材が『授業づくりネットワーク7月号』(学事出版)でも取り上
     げられている。
     近日、ちょこっと使える教材本の出版を予定。

6.定 員:16名(定員になり次第締め切ります)

7.参加費:500円 *当日お支払いください。

8.注意事項:
     ・未成年の方のご参加はご遠慮ください。
     ・遅刻は、学習会の進行の妨げになります。早めのご来場をよろし
      くお願いいたします。
     ・キャンセルの連絡はなるべく早目によろしくお願いいたします。
      (当日のキャンセルはご遠慮ください)
     ・マルチ商法等のビジネス目的、宗教、政治の勧誘・宣伝目的の参
      加はお断りいたします。

★お申込み方法
 いずれかの方法でお申し込みください。
  1.申し込みフォームより申し込む
   以下のURLよりお申し込みください。

   http://www.ayumukai-companion.net/?page_id=89

  2.FAXで申し込む。
   1)氏名、2)〒・住所、3)電話・FAX番号、4)勤務先、5)メールアドレス
   を明記の上、お申し込みください。

   送付先 020-4669-6822

【主催者からのメッセージ】
 新年度のなると、様々な場で「自己紹介」をする機会が出会います。しかし
 ながら、私たち発達障害者は、自己紹介の場でどんな聞き方をして、どのよ
 うに対応すればよいか迷うことがしばしばです。

 今回は、発達障害の学習支援をしている柳下記子さんにファシリテーターを
 お願いして、「自己紹介の聞き方」のワークショップを行います。

 4月からの新年度に備えて、一緒に勉強していきませんか。

【発達障害と歩む会『Companion』とは】
 ADHD、アスペルガー、LDなど持った発達障害者は、幼少の頃から現在まで発
 達障害がある故に、いろいろと苦労をしながら生きております。

 世間が発達障害を正しく理解してくれて、発達障害者に適切な支援が受けら
 れる世の中になれば当事者の人達は生きやすくなるのではと考えております。

 その思いから、発達障害の理解啓蒙をしようと「発達障害と歩む会
 Companion(コンパニオン)」を立ち上げました。

 当会では発達障害の理解啓蒙活動や当事者同士で勉強会を行っていきたいと
 思います。

【本件の連絡先】
 発達障害と歩む会 Companion 事務局 梅原歌織・松浦早希
  URL:http://www.ayumukai-companion.net/
  e-mail toiawase@ayumukai-companion.net
     (@は半角に修正の上、ご送付ください)

| トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

TODDS(とちぎ発達障害研究会)定例会のご案内

 ALAAHFA研究会の皆さん、ご無沙汰しております。

 メンバーの方々の中にはLD学会やJDDネット等で活躍されていらっしゃるようで何よりです。

 さて、TODDSの方も当事者のワークショップを検討していましたが、残念ながら次回の定例会では持ち越しとなりました。

 しかしながら、当事者の方々も参加されていますので、もしお時間が許すようでしたら次回の定例会にご参加下さい。

  

               TODDS第二回定例会

     日 時: 2010年1月31日(日) 10:00~16:00

     場 所: サンアビリティーズ

           宇都宮市屋板町231-1 028-656-7329 

     内 容: 福祉、教育、労働などの分科会に分かれての学習会(予定)

 次回の運営委員会で詳細が決まったら、またお知らせします。

 皆さん、良いお年をお迎え下さい。

                                梅永雄二

| トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

TODDSおよびALAAHFA研究会の開催

 ALAAHFA研究会の皆さん、お久しぶりです。

 栃木県に来て早6年が経過しました。

 今年のTODDS(とちぎ発達障害研究会)は年に2回定例会を実施することになりました。

 第一回は11月7日(土) 午後1時~4時 宇都宮大学教育学部1階2101教室で開催します。

 内容は講演会で、 高知県立療育福祉センターの畠中雄平先生が 「高知県における発達障害児者支援の現況について」というテーマでお話しいただきます。

 第二回は2010年1月31日(日)に宇都宮市サンアビリティーズで開催予定ですが、このときは従来のALAAHFA研究会のように当事者の集まる場を設ける予定です。

 東京近郊のALAAHFA研究会メンバーはちょっと遠いので無理は言えませんが、もし時間的余裕のある方は遊びに来て下さい。

 来れる可能性のある方はJR宇都宮駅まで迎えに行きますので、連絡して下さい。

 連絡先は、todds@freeml.comです。

           

              宇都宮大学教育学部障害児教育専攻 梅永雄二

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

第3回ALAAHFA研究会

第3回ALAAHFA研究会をTODDS(とちぎ発達障害研究会)と合同で平成21年1月12日(月)に開催します。

内容は以下の通りです。

とりわけ、東京からお出でいただく藤井先生は、ご自分の体験からいじめの問題など人権についてお話しいただきますので、多くの発達障害の人たちに何らかのヒントを与えていただけるものと思います。

参加に人数制限がありますので、ALAAHFA研究会の方々でご希望される場合は、下記アドレスまで申し込みをお願いいたします。

今回は場所が宇都宮大学ではないため、参加希望者によっては、JR宇都宮駅まで迎えに行くことも考えております。

詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

日時:2009年1月12日(月)

10:00~16:00(受付9:30~)

場所:宇都宮市 サン・アビリティーズ(駐車場あり)

(宇都宮市屋板町251-1 ℡028-656-1458)

費用:〔会員〕無料 〔会員外〕500円 ALAAHFA研究会メンバー無料

10:00~10:40 全体会(主宰者あいさつ・助言者自己紹介)

10:45~12:00 分科会

      助言者 平石 紀子氏(宇都宮市こども発達センター)

             *「ここ・ほっと」における相談支援、サポートファイルについて

松本 美智代氏(栃木県教育委員会 特別支援教育室指導主事)

 *学齢期における特別支援教育について

佐藤 直久氏(栃木県発達障害者支援センター)

 *栃木県の就労支援の現状について

小林 順子氏(国際医療福祉大学言語聴覚センター)

 *当事者の方を含む県内の相談支援について

   注意:都合により助言者が変更になる場合があります。ご了承下さい。

(12:00~13:00 昼食および懇親会)

13:00~16:00 講演会

「栃木県における発達障害者の就労について(仮題)」

佐藤 直久氏(栃木県発達障害者支援センター)

「人権について(仮題)」

     藤井 輝明氏(タッチ先生・NPO法人遊悠舎「京すずめ」理事)

      *幼少に右頬に赤み(海綿状血管腫)が現れ"いじめ" にあう。偏見をなくすため学校などでの講演・交流活動をはじめ、京都の人権・観光ガイドに関するNPO法人遊悠舎「京すずめ」の活動などを行っている。

●参加申し込み●

お申し込み期間 12月1日(月)~15日(月)

お申し込み先  TODDS事務局 todds@freeml.comまで

     氏名(ふりがな)・メールアドレス・所属・会員と会員外の別

・分科会の希望(2希望まで)を明記してください。

| トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

8月31日のレジュメ

 昨日のALAAHFA研究会および特別ニーズ教育セミナーでは、ALAAHFA研究会のメンバーの方々も発表していただき、どうも有り難うございました。

 さて、その際にお伝えしました岡山障害者職業センター所長のレジュメの概略を掲載いたします。

   【発達障害者に対する就労支援 ~その現状と課題~】

                    独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構
                              岡山障害者職業センター

障害者雇用対策上の発達障害者

発達障害者の就労支援の課題

発達障害者に対する職業リハビリテーションサービスの現状

障害者雇用対策上の発達障害者 ~基本的な位置付け~

障害者雇用促進法の体系 (正式名称は「障害者の雇用の促進等に関する法律」)         

障害者雇用促進法の対象となる障害者の歴史的変遷

発達障害者の就労支援の課題
「「学習障害」を主訴とする者の就労支援の課題に関する研究結果」等から(障害者職業総合センター,2000,2004,2006)
発達に伴い状態像が変化する。
 ①補完手段の獲得等によりハンディを減じ、職業リハビリテーションサービスを必要としない。
 ②遅れがさらなる遅れの原因となり障害が顕著化する。
 ③知的活動、行動上の問題による失敗経験の積み重ねにより、自信・意欲の低下、情緒不安定、集団不適応等を引き起こし、不登校、引きこもり、非行等の問題を生じる。

発達障害者のタイプ別支援課題 ~診断の有無、障害理解・受容の視点から~

発達障害者に対する 職業リハビリテーションサービスの現状

高齢・障害者雇用支援機構における 発達障害者就労支援の取り組み

その他の 雇用分野の発達障害者を対象とした主な支援施策

| トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

第2回ALAAHFA研究会

   【第2回ALAAHFA研究会&特別ニーズ教育セミナーの開催】

 第2回ALAAHFA研究会を宇都宮大学の特別ニーズ教育セミナーとの共催で開催します。

 特別ニーズ教育セミナーは原則として栃木県の学校の先生方を対象としていますが、ALAAHFA研究会のメンバーに関しては参加できるように配慮してあります。下記に示すように、午前は障害者職業センタースタッフによる発達障害者の就労支援や知能検査の解釈ですが、午後にはALAAHFA研究会メンバーの発表もあります。

 日 時 : 2008年8月31日(日) 午前9時半~午後3時半

 場 所 : 宇都宮大学大学会館

 内 容 : 発達障害の人の就労支援

    

   午前

     発達障害者の就労の現状

     (岡山障害者職業センター鈴木瑞哉所長)

     (東京障害者職業センター中島純一カウンセラー)

     発達障害者のWAIS-3によるプロフィール分析

     (京都女子大学発達教育学部準教授 倉本義則先生)

 

  午後

     発達障害者の就労移行アセスメントTTAPの概要

     (宇都宮大学大学院生 加藤真優)

     シンポジウム 発達障害当事者からの話題提供

     (司会進行 明星大学人文学部準教授 島田博祐先生

      ALAAHFA研究会メンバー3人)

     

2008年5月24日 (土)

明日の定例会の参加費について

明日行われる本年度第1回定例会の参加費に関するご案内です。

明日の定例会に参加される方は、受付にて

「ALAAHFA研究会です」

と申告いただくと参加費が無料になりますので申告くださいますようお願いいたします。

どうぞお気をつけてお越し下さい。

よろしくお願いいたします。

| トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

平成20年度 第1回研究会のお知らせ

お久しぶりです。

新しい年度を迎え、皆様ますますご健勝のことと存じます。

さて、2008年4月よりALAAHFA研究会の開催場所を宇都宮の地に移しまして活動を継続いたします。

早速ではございますが、2008年第1回ALAAHFA研究会のお知らせです。

<第1回>

日時:2008年5月25日(日)13:00~16:00(終了予定)

場所:宇都宮大学 教育学部F棟 2102教室

※当日は直接大学までお越しください。大学正門に案内の者が立っております。

東京からですと、JR宇都宮駅までJR湘南新宿ライン直通電車(例:新宿駅から宇都宮駅まで95分)が出ており、ご利用いただくと便利です。宇都宮駅からは関東バスにご乗車いただき、宇都宮大学までおいで下さい。(駅からバスで約15分)

行き方の詳細はアクセスマップをご覧下さい。

アクセスマップ:http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/index.html

バス利用に関しましては以下をご参照ください。

関東バス時刻表 ←をクリック (宇都宮駅東口からバスが出ております。丁度いい時刻としては宇都宮駅東口発12:00、12:45がございます。)

内容: ①「地域若者サポートステーションにおける就労支援」

      たちかわ若者サポートステーション所長 古賀和香子さん

            (地域若者サポートステーションは若年者の就労支援を行っている機関です)

     たちかわ若者サポートステーション:http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/

     ②「発達障害者支援について語る~療育経験のある当事者&支援者の立場から~」

      言語聴覚士/(財)生涯学習開発財団認定コーチ/アスペルガーの館管理人 

      村上由美(秋桜)さん

なお、2008年第1回目のALAAHFA研究会は、研究会代表の梅永雄二教授が主宰しているとちぎ発達障害研究会(TODDS)の2008年第1回定例会と兼ねさせていただきます。

TODDSホームページも併せてご覧ください。

とちぎ発達障害研究会(TODDS)ホームページ http://homepage3.nifty.com/todds/

第2回目のALAAHFA研究会は8月31日(日)(場所:宇都宮大学)を予定しております。

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

«島田の意見ーMLからの転記